ニューヨーク株式相場、徹底攻略。今日も ウォールストリートから実況中継!

世界最大の株式市場、ニューヨーク。Bloomberg、テレビ東京、日経CNBCの、NYマーケットキャスターを歴任した田中宏明が、鋭い切り口でウォールストリートから徹底解説します。

カテゴリ:アメリカ経済・景気

今週(~1/22)はニューヨーク株式市場で、株価は若干反発。しかし、今後については安心できない展開が続く予感が流れている。 上昇したとは言っても、ダウで100ドル程度。年初来で見れば、依然として、ダウ、S&P500は、それぞれ7.6%、6.7%のマイナスになっている。 1月は残 ...

アメリカの主要株式指数、SP500指数年初来、マイナス8.0%。去年の12月1日から、10.6%下落。一般的に、10%の下落で定義される、「調整」入りしたことになる。 面白いのは、相場が10%以上、下落したのは、直近では、去年8月にあったが、それ以前で言うと、1326日間も起 ...

12月に入って、2週間あまり(18日金曜まで)で、ダウは591ドルの下落。また、S&P500指数は、3.6%も下げている。 年初来でもダウはマイナス3.9%。SP500もマイナス2.6%。 アメリカ個人投資家協会によれば、今後6か月間の相場について、強気な人が、23.9%で 7月以来最低。 ...

FRBは16日(水)のFOMCの会合で、フェデラルファンドレート(FFレート)の誘導目標を、年0~0.25%から0.25~0.50%に引き上げることを全会一致で決定、発表した。アメリカの利上げは2006年6月29日以来、9年半ぶりになる。FOMC終了の直後に行われたイエレンFRB議長 ...

11日のNY株式相場は大幅反落に。原油相場の下げが止まらず、大手のエクソンモービルをはじめ、エネルギー関連株が軒並み大きく下落し、相場全体の重石になった。 ニューヨーク原油先物相場は6日続落。およそ6年10ヶ月ぶりの安値水準に。原油需要の伸び悩みが懸念されたこと ...

↑このページのトップヘ