ニューヨーク株式相場、徹底攻略。今日も ウォールストリートから実況中継!

世界最大の株式市場、ニューヨーク。Bloomberg、テレビ東京、日経CNBCの、NYマーケットキャスターを歴任した田中宏明が、鋭い切り口でウォールストリートから徹底解説します。

カテゴリ:ニューヨーク株式相場

中国経済の急減速懸念、北朝鮮の水爆実験成功報道、およびイラン、サウジの国交断絶などの地政学的リスク拡大から、リスクオフの動きが拡大し、世界同時株安が進行。 ダウは年初からの一週間5営業日で、1078ドルー6.2%下落。これは1978年の5.6%を超えて、アメリカの株式相場 ...

1月4日からすでに4営業日が終了したが、ダウが上昇したのは火曜日にわずか、9ドルだけ。4日中、3日間は、250ドル以上の下落。4営業日終了時点で、ダウのマイナスは、911ドルに達した。アメリカの株式市場では年初の5営業日のパフォーマンスがその年通年のパフォー ...

7日のニューヨーク株式相場は大幅続落。ダウが400ドル近い下げる荒れ相場になった。中国をはじめ海外相場の急落が投資家心理を相当ナーバスにしている。また、ニューヨーク原油先物相場が下げ止まらず、一時、32ドル台をつけるなど、12年ぶりの安値をつかる展開。これも相場 ...

6日のニューヨーク株式相場は大幅に下落。北朝鮮が水爆実験を行ったとして世界的に地政学的リスクが台頭。海外のあk部式相場が大幅安になったことがNYでも重しになった。また中国の経済指標(PMI)の悪化、原油先物相場の下落もマイナス材料に。 さらにはアメリカ国内でも、 ...

今年の取引初日、4日はニューヨーク株式相場は急落となった。中国のPMIが悪化し、世界景気の減速懸念の観測が高まり、中国株を始め、日本、ヨーロッパ株が軒並み大きく下げ、世界同時株安の様相を呈したことがニューヨークにも影響をもたらした。また、サウジアラビアがイラ ...

↑このページのトップヘ