IMG_466621日のニューヨーク株式相場は反発。先週末におよそ2ヶ月ぶりの安値をつけたことから、買い戻しの動きが見られた。

ただ、原油先物相場は下落。一時、34ドルを下回ったことから、エネルギー関連株は売られ、相場全体の重しになった。

ダウは3営業日ぶりに反発。123ドル高で終了。先週の木、金で620ドルの下落になったこから、持ち高調整を目的とした買いが入った。

  記事が気に入れば  ブログランキングへ